2007年11月18日

簡易 生命保険

第49回 郵政民営化で何が変わるか?
郵政民営化では、持ち株会社である日本郵政のほか、新たに日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、郵便局の4つの会社がつくられ、これまで日本郵政公社が行っていた各種の業務を引き継ぐことになっています。このうち、日本郵便と郵便局の違いがわかり ...(続きを読む)

郵便局民営化特集(1)
定期性の郵便貯金及び簡易生命保険契約は、「独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構」に承継されますが、各種の請求や手続きは、これまでどおり、引き続き郵便局での取扱いとなります。 ●民営化前に契約した貯金や保険などは、何か手続きが必要な ...(続きを読む)

生命保険 死亡保険 新着人気ブログフェミニーヌ
別名で「かんぽ」と呼ばれることも多い, 生命保険 のことです。この簡易保険は 日本郵政公社が 運営 している生命保険で,正しくは 簡易生命保険 事業という ... 簡易保険の被保険者が死亡した場合には, 死亡保険とさらに同額の 保険金 まで受け取る ...(続きを読む)

かんぽ 学資保険
また、簡易保険(簡易生命保険法)は保険業法で取り扱っている通常の生命保険と違い、色々な特典(公的サービス)がある。時効期間の違い(3年と5年)等細かい違いもあるが、中でも特徴的なのが「倍額保障」と「非常取り扱い」である。 ...(続きを読む) . ...(続きを読む)


医療費控除について
医療費控除について医療費控除について教えてください。去年 10月出産しました。旦那は去年8月まで定職に付かず、仕事に付いたのは8月からです。私は去年1年間無職です。旦那の会社の年末調整で2万ぐらい帰ってきました。私は簡易保険をかけていて、領収書は会社に提出しました。医療費控除でも、生命保険などの領収書提出 とありますが、もう旦那の会社の方に提出してしまった場合どうすればいいのでしょうか?もうその分の税金は帰ってきたということでしょうか?どうしていいのかわかりません。いま わたしは 何をよういすればよいのでしょうか?妊婦検診などの領収書はすべてとってあります。よろしくおねがいいたします。(続きを読む)


ラベル:簡易 生命保険
posted by 北の豪傑 at 14:36| 生命保険に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。